『チロルチョコとけこむカレー』が爆誕! さっそく2種類とも食べてみた(食べる際の注意点アリ)

『チロルチョコとけこむカレー』が爆誕! さっそく2種類とも食べてみた(食べる際の注意点アリ)

・チロルチョコの聖地

チロルチョコ発祥の地といえば、モチのロンで福岡県田川市です。全国唯一のアウトレット店があることでも知られていますが、2018年3月1日に、新商品『チロルチョコとけこむカレー』が誕生しました。チョコもカレーも確かにウマイけど……MIXするってマジかよ大丈夫かよ。めっちゃ気になったので食べてみました。

・2種類

チロルチョコカレーは、田川市のまちづくり会社『デザインステーション』とのコラボで実現したもの。ラインナップは「ほろにがコーヒーヌガー」と「まろやかミルク」の2種類。1箱500円で田川エリアの道の駅や県内の土産物店等で販売しています。ふるさと納税の返礼品にもなるらしい。パッケージ裏面には田川市のPRも書いてありますね~。地元土産のエース候補と言えるでしょう。

・作り方

作り方は超簡単。いわゆる普通のレトルトカレーなので、湯せんの場合は、そのまま熱湯に入れて3~5分ほど沸騰させて温めればOK。ちなみに「玉子焼き用のフライパン」がジャストサイズなのでオススメ。電子レンジで温める場合は、中身を耐熱容器に移し替えてからラップして加熱しましょう。500Wで2分、600Wで1分30秒って感じです。

※「ほろにがコーヒーヌガー」のパックには “COFFEE” と印字されています。

※「まろやかミルク」のパックには “MILK” と印字されています。

・具はない

で、温め終わったら完成! というのが一般的なレトルトカレーなのですが……実はこれ、具が入っていません。なので、自分でお好みの具材を用意しましょう。ただ私は、チロルチョコカレーを存分に味わうため(あと面倒だったため)、そのままルウのみで勝負します。さっそく中身を出してみると……

※ほろにがコーヒーヌガー

※まろやかミルク
なるほどなるほど、見た目の違いはほぼゼロ。ほんの少しだけ「コーヒーヌガー」の方が濃いめって感じ……っていうか、チョコの香りがマジでハンパじゃねぇぇぇええええええええーーーッ! おいおい大丈夫かよこれ、とは言え、もう後戻りはできない。両方とも食べてみます。パクリ。

※ほろにがコーヒーヌガー

※まろやかミルク
あれ……食べてみると、たしかにカレーだ。どちらもチョコ感があまりない。「コーヒーヌガー」はカレーとして程よい苦みのようなコクがあり大人向け、「まろやかミルク」は風味豊かで万人向けって感じ。もちろん、もっと美味しいレトルトカレーはいくらでもあるけど、ネタとして買っても普通に食べられるのでアリかも。ちょっとホッとしました。

・プロの盛り付け例を紹介

さて最後に「プロに盛り付けを任せたらこうなった」的な写真を紹介します。コーヒーヌガーはこんな感じになりました。

オシャレ過ぎるだろ。なんというか、芸術点が高すぎて何から手を付ければいいか分からないパターンです。そして、まろやかミルクはこちら。

先ほどに比べて奇抜感はないものの、やはりオシャレ。これくらい料理上手になりたいですね。オッサンの現実を再確認しておきましょう。

涙が止まりません。シンプル過ぎて逆にオシャレというか、一周まわってプロというか……いや、そんな感じ全くしませんね。せっかくの「チロルチョコとけこむカレー」が「涙がとけこむカレー」になりそうです……。

それはさておき、今回ご紹介した2種類の「チロルチョコとけこむカレー」は、田川土産にオススメできるオモシロ商品でした。気になった方はぜひ自分の好きな具材を用意して、色々試してみてください! いや~それにしても、カレーにチョコを入れるとあんな感じになるのか~。

☆こちらの記事もどうぞ → 【全国で1店舗のみ】チロルチョコレートのアウトレットショップに行ってきた / 限定チョコもあるので要チェック!

お土産カテゴリの最新記事