『喰いもんBAR BAMSE(バムセ)』でステーキやピザを食べまくってきた / 夜中まで開いているので飲み会のシメにもOK!

『喰いもんBAR BAMSE(バムセ)』でステーキやピザを食べまくってきた / 夜中まで開いているので飲み会のシメにもOK!

・人気店がリニューアルオープン

昔ながらの懐かしい雰囲気が残るスナックや、オシャレなBARが並ぶ伊田町の飲み屋街は、古さと新しさが共存しているオモシロスポットと言えるでしょう。ぶっちゃけ昼間はゴーストタウンみたいに静かですが、日が暮れて明かりが灯り始めてから、伊田町は本気モードになります。きっと地元の人なら「自分のお気に入りの居酒屋やスナック」があると思うのですが、逆に「気になっているけど、まだ入ったことがないお店」も多いハズ。

そこで今回は、2017年10月にリニューアルオープンした『喰いもんBAR BAMSE(バムセ)』を紹介しましょう。以前の名前は「Foodbar PetitsPlats(プティプラ)」。人気店が最高の場所で再出発したようです。どんな感じだったのかというと……

・バムセ

バムセというのは、ズバリ「ブタ」のことらしい。詳しくないのできちんと説明できないのですが、スウェーデン映画「ロッタちゃん はじめてのおつかい」に登場する「ブタのぬいぐるみ」が「バムセ」なのだとか。スウェーデン映画から店名を決めるってオシャレすぎるな

それはさておき、メニューを一気に紹介します。ドンッ

※オススメメニュー

※おつまみメニュー

※お肉・サラダ・パスタ・ピザメニュー


※ドリンクメニューなど

・食べまくりました

さあさあ、この日は4人でお店にお邪魔したので、バンバン注文して食べまくることにしました。まずは、生ハムをこんな感じでスライスしてもらって~

やってきたのがこちら! ドーンッ!! 1発目から最強でした。

そしてこれが「ジャンクステーキ」ダァァァアアアアーーーッ! 明らかにウマそうですが、パクリと食べてみたら……

死ぬほどウメェェェェェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエーーーーーーーッ!!

つづいてピザを2枚注文。色々ある中から「生ハムと半熟卵のビスマルク」と「ハチミツとブルーチーズのピザ」を選びました。ビスマルクと言っても、Jリーグ全盛期のヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)でミッドフィルダーとして活躍したビスマルク・バレット・ファリア選手のことではありません。


実際のピザはこちら。ビスマルクは半熟卵がたまりません。関係はありませんが、食べた後に、思わずヴェルディ川崎で活躍したビスマルクさんがゴールを決めた時の「ビスマルク・ポーズ」をしてしまいそうになります。そしてハチミツとブルーチーズは、女性にもオススメです

※生ハムと半熟卵のビスマルク

※ハチミツとブルーチーズのピザ
で、白ワインも飲んでしまいました(私はあまりお酒が強くないので、ちょこっとですが)。もう天国です。

で、で、生まれた初めて食べたホルモンのアヒージョがこちら。店主曰く、かなりいいホルモンみたいです。

おつまみも永遠に食べ続けて満腹ギリギリまで食べて飲んでフィニッシュ。定番チョコも普通に美味しい~。

店内の雰囲気も良く、店員さんも明るく爽やか系なので(店主は、田川のオーランドブルームだそうです)かなりオススメできます。ちなみに営業時間は深夜2時まで。夜中にステーキやピザが食べられるのは最高で、飲み会の1店目に選ぶのはもちろんOKですが、色々行った後のシメに、ちょこっとウマイ料理を食べたい時にも使えると思うので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね!

※ちなみにオーランドブルームは、この人↓

参考リンク:「喰いもんBAR BAMSE」Facebookページ

・今回ご紹介した飲食店の詳細

店名:喰いもんBAR BAMSE
住所:福岡県田川市伊田町9-14
時間:19:00~26:00
休日:日曜日

・伊田エリアの居酒屋

・だん
【名物店主】田川伊田駅から走って10秒の居酒屋『だん』がイイ! 見た目が怖すぎる店主が実は優しいってウソだろ!!

・富蔵
味良し・コスパ良しの人気店『すし処 富蔵』で絶品料理を堪能しまくってきた / 白目をむいて昇天するほどウマい!

・土筆
居酒屋『土筆(つくし)』でジュークボックスを発見! 昔懐かしい名曲を聴きながら絶品ちゃんぽんを食べてきた!!

・弁慶
田川伊田駅からフラフラ歩いて『やきとり弁慶』へ / 安くてうまい焼き鳥とフレッシュなナスを食べてきた

・栄寿司
【完全に竜宮城】田川伊田駅から約5分の『栄寿司』が天国過ぎた / 大将納得のお魚ズラリで何を食ってもウマイッ!!

居酒屋・バーカテゴリの最新記事