「川渡り神幸祭」徹底ガイド2018 / 歴史や見所はもちろん駐車場やトイレの場所まで詳しく解説!

「川渡り神幸祭」徹底ガイド2018 / 歴史や見所はもちろん駐車場やトイレの場所まで詳しく解説!

・福岡県五大祭りの1つ

田川市の『風治八幡宮 川渡り神幸祭(かわわたりじんこうさい)』といえば、450年の歴史を誇る福岡県五大祭りの1つです。毎年5月の第3土曜日と、翌日の日曜日に開催される筑豊地区最大級のイベントで、川の中で男たちが山笠を揺すって気勢を上げる豪快な祭りとして知られています。

1日目は「お下り」と言い、彦山川を渡って対岸のお旅所で1泊。2日目は「お上り」と言い、1日目とは逆のコースで川を渡り、神輿と山笠が風治八幡宮に戻ります。稲穂を模した5色の「バレン」は五穀豊穣や無病息災を願っているとのこと。飾りつけは各地区それぞれ手作業で行っています

・まつりの由来

さて、まつりを楽しむためには、ざっくり歴史を勉強しておくのがオススメ。ということで超簡単に解説すると、めっちゃ昔(永禄年間1558年~1570年)に疫病が流行した際、氏神である風治八幡宮に終息を祈願し、成就のお礼として山笠を奉納したことに始まるものらしい……勉強は以上です。

今では『オロナミンC』の「日本全国の “笑顔” になる日」でも紹介されるほどで、田川市が元気MAXになる2日間と言えるでしょう。

・アクセス

おそらく多くの方が「風治八幡宮」を目指して来られると思いますが、会場付近は通行止めとなっているため、車は「臨時駐車場」に駐車しましょう。確実なのは、約600台駐車できる田川市役所無料シャトルバスが運行する予定なので便利……かもしれません。


つづいて200台駐車可能 & 会場もまあまあ近い福岡県立大学

他には、100台駐車できる「県土整備事務所」や、300台OKの「東田川ボウル跡地」もあります。簡単な地図が「まつり IN たがわ実行委員会」のチラシに載っていました。地元の方なら分かるかもしれませんが、ボウリング場跡地はちょっと難易度高めで確認できず……ただ、おそらく当日は案内看板などがあると思います。

ちなみに、電車なら「田川伊田駅」を目指せばOK。会場の風治八幡宮、彦山川周辺は、死ぬほど賑わっているので「駅に来たけど祭の場所が分からないよ~」となることはナッシングでしょう。

・スケジュール

タイムスケジュールもチラシを見ながら解説します。2018年は、5月19日(土)と5月20日(日)の2日間。市役所からの無料シャトルバスは、11時から22時の間、15分間隔で運行される予定で、メインのお祭りについては、チラシによると……

初日(19日)は、神輿や山笠が川に入ってワーワー始まるのが15時30分からの予定です。ただ、川に入る前も必見で、風治八幡宮階段下から伊田郵便局まで各地区の山笠が並び、一斉にバレンが立ち上がる瞬間も見どころの1つ。また、田川伊田駅前でスタンバイしておけば、神輿や山笠を目の前で見学することができます。

イメージがわかない人は、こちらの動画を見てください。「バレンを立てる」からの「競演会(16時20分頃予定)」までの熱すぎる流れがバッチリ紹介されています。めっちゃカッコイイですよ~。


※動画を再生すると「川渡り神幸祭」のシーンからスタートします。
写真撮影スポットは色々で、川岸ギリギリから撮影する人もいれば、橋の上から見下ろして全景を撮る人もいます。




夜も雰囲気満点なので、屋台を巡りながらライトアップされた山笠を見学するのがオススメ。山笠の間近で撮影することもできますよ~。迫力満点です。


そして2日目(20日)のスケジュールがこちら。伊田商店街ではフリーマーケットも開催されているとのことなので、午前中から遊びに来て祭の雰囲気を味わっておくのがいいかも。駐車場もドンドン混むと思います。で、2日目は13時30分から、川渡りがスタートする予定

トイレの場所も確認しておきましょう。チラシによるとトイレは14カ所。彦山川の両岸、駅前等に仮設トイレが設置されるそうです。また「たがわ情報センター」にはキレイな「車いす用トイレ」と「授乳室」もありますので覚えておいてください。把握しておくと安心ですよね。



そして最後に、今年も実行委員会が主催する「写真コンテスト」を紹介します。

チラシが手元になくても、応募票・宛先表は風治八幡宮HP等でダウンロードできるそうなので、興味がある人はぜひ応募してみてください。まつりの楽しみ方は人それぞれ。神輿を担ぐのもあり、写真を撮るのもあり、雰囲気を感じるだけでももちろんOK。みんなで川渡り神幸祭を盛り上げましょう


・平成30年度 出駕順

1番山笠  栄町地区(本年度当番地区)

2番山笠  橘地区

3番山笠  下魚町地区

4番山笠  新町地区

5番山笠  鉄砲町地区

6番山笠  番田地区

7番山笠  大通り地区

8番山笠  川端地区

9番山笠  下伊田地区

10番山笠 三井伊田地区

11番山笠 上伊田東地区

※19日は、お神輿に続き1番山笠より順に川に入ります。20日は逆の順番、お神輿に続き11番山笠から順番に川に入ります。

参考リンク:風治八幡宮 川渡り神幸祭

▼風治さつきの会作成「平成30年度限定記念扇子」は1本1500円


▼ハローデイ田川店もミニ山笠でPR


▼ぜひ今年も「川渡り神幸祭」を楽しんでください!

観光・イベントカテゴリの最新記事