コミュニティバスに乗って田川市の人気店「山賊鍋」に行ったら絶望した話 / 山賊鍋のランチメニューは最高だったけど…

コミュニティバスに乗って田川市の人気店「山賊鍋」に行ったら絶望した話 / 山賊鍋のランチメニューは最高だったけど…

・コミュニティバス

福岡県田川市内には、青い看板が目印のコミュニティバスが走っています。平日のみ運行で、運賃は大人200円で小学生以下は無料。田川市役所のホームページによると「交通空白地域や交通不便地域の解消を図るために」運行している乗合バスなのだとか。

で、せっかくだから「コミュニティバスを利用してどこかに行ってみたい」と思い、市内の超有名店『山賊鍋』を目指すことにしました。田川伊田駅11時38分発に乗れば、11時59分に山賊鍋に到着する予定なので、昼食を食べてから駅に戻ろう……と思ったのですが

バスの中でゾッとしました。なぜなら11時59分に山賊鍋に到着で、出発が12時09分。それを逃すと、次は14時39分発らしい……ってマジかよ。

間に合うのか、どうなるのか……後戻りできない状況に不安を覚えつつ、1分遅れの12時ジャストに山賊鍋に到着。12時09分発に間に合うのか……!

さあ、ボリューム満点の「サービス定食(972円)」が運ばれてきたのは12時06分。なお、ご飯のお代わりは自由とのこと。お代わりをするか、2時間半待つか。そもそも2~3分で完食できるのか……

しかし……「気合で2分で完食して、秒速でお会計を済ませて、バス停までダッシュをすれば間に合うかも」と作戦を立てていたら12時08分! 無念です。どうしよう。ヒッチハイクでもして帰ろうかな。

ただ、すべてをあきらめて食べた定食は絶品でした。刺身も天ぷらも最高。ご飯はしっかり2杯いただきました。

で、帰りは、14時39分のバスを待たずに、ヒッチハイクもせずに、田川伊田駅まで徒歩。途中、須佐神社にも寄り、スマホのナビを使って約1時間の道のりをのんびり歩きました。


結論としては、コミュニティバスは「スケジュールが決まっている人」にオススメ。運行本数が少ないため、テキトーに乗ったら帰れない可能性がありますが「毎週◯◯時発のバスに乗り、病院やスーパーに行って◯◯時発のバスで帰る」といった感じなら便利でしょう。実際、そういった使い方が1番多いそうです。

一方、山賊鍋のランチは、ボリューム・味ともに「さすが田川の超有名店」という感じでした。文句ナシ。そして、もちろん夕飯も人気なので、機会があればぜひ行ってみてください! あ~~本気で疲れました。

・今回ご紹介した飲食店の詳細

店名:山賊鍋
住所:福岡県田川市 伊加利六反田2101-2
時間:11:00~21:30
休日山賊鍋HP参照

和食カテゴリの最新記事