東鷹高校の生徒たちが開発したレトルト食品『田川めし』を食べてみた / 2合用で1箱550円!

東鷹高校の生徒たちが開発したレトルト食品『田川めし』を食べてみた / 2合用で1箱550円!

・田川めし

チョイ前の話なんですが、福岡県田川市の県立東鷹高校総合生活科が『田川めし』なるご当地レトルト食品を開発しました。で、私はその商品を約3カ月前に高校の事務室で購入(2合用1箱550円)していたのですが……やっと食べてみたので報告します~~!

「田川めし」は簡単に言えば「混ぜ込みご飯の素」で、地元ホルモン鍋をアレンジしたもの。牛肉、豚肉、ニンジン、れんこんの他、地元産のきくらげ、ごぼう、唐辛子、ゆず胡椒などが入っています。ちなみにレシピは生徒たちが考えたらしい……おいおいマジかよ。ということで、約3カ月前に高校事務室に買いに行ったのは先述したとおりです。

・温かご飯に混ぜるだけ

さて、食べ方も超簡単。ビビンバや焼きおにぎりなどアレンジも可能とのことですが、今回はパッケージに書いてある通り「温かいご飯に混ぜるだけ」で作ってみました。

てことで、さっそく温かいご飯2合の上に「田川めし」を投入~! すでにいい香りがしてキターーー!

で、ムラなく混ぜ合わせるだけ。なお、冬場は袋を1~2分お湯の中で温めると、ご飯との馴染みが更に良くなるとのこと。市販の包装米飯(サトウのごはん等)でもOK。

そんなこんなで、あっという間に完成ッ

気になる味はというと……アレンジなしでも十分美味しい。食欲を刺激するピリ辛メシは間違いないな。ちなみに具材選びの際には、臭いの問題からホルモンではなく牛と豚の正肉を使い、食感をよくする地元の「金ノ原(きんのばる)ゴボウ」を選んだらしい。なるほどなるほど~。素晴らしいですね~。

・東鷹高校事務所以外にも

なお、今回ご紹介した「田川めし」は東鷹高校の事務室で販売しているだけでなく、田川市のふるさと納税の返礼品」やAmazon等でも取り扱っているので、興味がある方はぜひ1度食べてみてください! 

参考リンク:Amazon「田川めし ビビンバの素

▼2018年4月18日に購入……

「田川めし」を東鷹高校で購入しました! お値段550円。はやく食べたい! #田川 #田川市 #福岡 #田川めし #東鷹高校 #グルメ #ビビンバ

A post shared by キニナル田川くん (@enjoy_tagawa) on

お土産カテゴリの最新記事