【探検】田川市のミステリースポット『岩屋鍾乳洞』に行ってきた → すぐに引き返したでござる

【探検】田川市のミステリースポット『岩屋鍾乳洞』に行ってきた → すぐに引き返したでござる

・岩屋(ごうや)鍾乳洞

福岡県田川市には、知る人ぞ知るミステリースポットがいくつか存在します。これまで当サイトでは、住宅街に静かに佇む「セスドノ古墳」や、カルスト台地で大自然を満喫できる「ロマンスが丘」、ガッツポーズ地蔵がいる「三井寺」を紹介してきましたが、今回ご紹介するのは鍾乳洞。岩屋神社の裏手に入口がある『岩屋鍾乳洞』に行ってきました。岩屋で「ごうや」と読みます。

・鍾乳洞とは

鍾乳洞とは、超ざっくり言えば「洞窟」です。石灰岩が地下水などによって侵食(溶食)されてできたらしい。ということで、整備された鍾乳洞が「岩屋神社の左裏手」にあるという情報を頼りに歩いて行くと、看板を発見しました

看板によると「鍾乳洞入口から約160mの地点までは探勝コースとして整備されている」とのこと。探勝とは探検的な意味です。「よい景色を探して見て歩くこと」です。洞内には「仁王門男岩」や「八畳敷」など、その景観にふさわしい名前が付けられた鍾乳石なんかが次々と現れるらしい。さらに奥に進んでいくと……今度は謎のブレーカーボックスを発見ッ! テンション上がりますね~~!!

洞内は真っ暗だから、全てのブレーカーをONにして、明かりがついたことを確認してからGO」ということで、さっそくONにしてから入口へ……マジかよ死ぬほど狭いな。さすが洞窟。死ぬほどコウモリが飛んできそうです。

さあ、勇気を出して前へ進みましょう……明かりはつけたものの、やっぱり暗いな。ひんやり涼しくて別世界であります

そして……というか、入口から数分で「仁王門男岩」に到着しました。これがアレですね、その景観にふさわしい名前が付けられた岩ですね……なるほど。よく分かりませんが、言われてみればたしかに立派かもしれません。

さあ、さらにその奥へ……と思ったのですが、十分満足したのでここでリターン。ゴールを目指したい方は、ぜひ気持ちを高めて先へ進んでみてください。ちなみに私が行った「スタート地点~仁王門男岩」の位置関係を看板で確認すると……マジで全体の1割も進んでいないことがわかりました本当にすみません。コウモリが出そうで怖くなって帰りましたすみません。

その後、なんとか無事に洞窟から脱出してブレーカーをOFFにしたのですが、すぐに地元の中学生軍団が洞窟へ。さすが学生、私の分まで頑張ってゴールを目指してください……と、心の中で応援して帰りました。ということで、冒険気分を味わいたい方は、ぜひ1度足を運んでみてください!

・今回ご紹介したスポットの詳細

名称:岩屋第一鍾乳洞
住所:福岡県田川市夏吉岩屋4630-1
時間:入場自由

観光・イベントカテゴリの最新記事