【平成最後の夏の夕方】田川伊田駅のホームがなんか切ない / 誰もいない3・4番線で写真を撮りまくってきた

【平成最後の夏の夕方】田川伊田駅のホームがなんか切ない / 誰もいない3・4番線で写真を撮りまくってきた

・改修工事中の田川伊田駅舎

2018年8月現在、JR日田彦山線と平成筑豊鉄道が乗り入れている田川伊田駅では、駅舎の改修工事が進んでいます。外観はすっかり “工事中” ですが、ホームに行くといつものまま。ただ、もしかしたら「次来る時にはホームも一変しているかもしれない……」ということで、たくさん写真を撮ってきました。「平成最後の夏の夕方の田川伊田駅3・4番線ホーム」をご覧ください! 

・誰もいない3・4番線ホーム

まずは階段、背の低いミラーが階段下に設置されています。そのまま左(4番線側)に目をやると……ライトアップされた「二本煙突」がぼんやりと浮かび上がっていますね~。小倉方面に行く電車は3番線ホームに来ます。



少し進むと灯篭を発見! どうやら昭和61年に建立されたものらしい。表面(?)には「風治八幡宮参拝下車駅」という文字が刻まれています。じっくり見たことなかったけど……なかなか渋いな~。


さらに進むと洗面台があります。聞くところによると、SLが走っていた頃に煙やススで汚れた顔や手を洗うために設置されたのだとか。 “その当時のまま” だとしたら、かなり貴重かも。歴史を感じますね~。


振り返ると「~方面」と書かれた看板がありました。そして「たがわいた」の駅名標には、田川市の花「ツツジ」が描かれています。


そんなこんなでバシバシ撮影をしていたら小倉方面に向かう列車が……! ということで、2018年8月現在の田川伊田駅3・4番線ホームでした。今後このままなのか、改修工事によってガラッと雰囲気が変わるのか分かりませんが、また機会があれば撮影をしたいと思います!

・今回ご紹介したスポットの詳細

名称:田川伊田駅


▼駅舎工事は進行中でした

雑談カテゴリの最新記事