【九州のゴジラ】田川市出身・松井義弥選手(折尾愛真高)巨人から5位指名!

【九州のゴジラ】田川市出身・松井義弥選手(折尾愛真高)巨人から5位指名!

田川市立金川中学校出身

“九州のゴジラ” の異名を持つ折尾愛真高校のスラッガー・松井義弥(よしや)選手が、プロ野球ドラフト会議で巨人から5位指名を受けました。田川市立金川中学校の軟式野球部出身ということで、今後の活躍が期待されます。さっそく、どんな選手なのか調べてみましたよ~。

高校通算40本のホームラン

松井選手は、高校通算40本塁打を放った左打者。長打力や体格(191センチ・90キロ)から「ゴジラ2世」として注目され、折尾愛真高校初の甲子園出場に貢献したことは有名。


ちなみに本家ゴジラ・松井秀喜選手は186センチ・110キロ(Wikipedia)なので、身長は松井義弥選手の方が5センチ高いですね。体重はプロ入り後に増えると思うので、初代に負けず劣らずの迫力を放つでしょう。

中学入学時にはすでに……

聞くところによると、松井選手は金川中学校入学時にすでに身長が180センチに達していたのだとか。また、中学時代にホームから約70メートル離れた3階建ての校舎を越える超特大ホームランを放ったという伝説も……マジかよ。

スカウト陣からの評価

2018年夏の北福岡大会・1回戦では9球団19人のスカウトが松井選手をチェック。「阪神タイガースの糸井選手・ソフトバンクホークスの柳田選手クラスの大物選手になる」と高い評価を得ました。というのも……

体が大きいだけでなく、50メートル走で6秒2を記録した走力も魅力。総合的に身体能力が非常に高く、プロ選手としての素質は十分。スポーツ新聞各紙によると、松井選手本人も「1年目から活躍したい」と気合はMAX。本家ゴジラ松井選手を超える活躍を期待して応援しましょう~!


さて、このまま契約をしたら、気になるのは背番号。本家ゴジラ・松井秀喜選手の「55番」は、2013年シーズンまで大田泰示選手(現・日本ハム)が付けていましたが、今は空き番となっています。もしかしたら……う~ん今後が楽しみですね~~。

雑談カテゴリの最新記事