【新作】チロルチョコカレーから「きなこもち味」が登場 / さっそく食べてみた

【新作】チロルチョコカレーから「きなこもち味」が登場 / さっそく食べてみた

・チロルチョコとけこむカレー

チロルチョコの町・福岡県田川市から誕生した大人気 “ご当地カレー” といえば、モチのロンで「チロルチョコとけこむカレー」です。これまで「ほろにがコーヒーヌガー味」と「まろやかミルク味」の2種類が販売され、予想をはるかに上回る人気商品となりました……

シリーズ第3弾として登場したのが「ふんわりきなこもち味(1パック200グラム・500円)」であります。おいおい次は「きなこもち」かよ……また攻めたな。

・きなこもち味

ちなみにチロルチョコの「きなこもち」といえば、2003年の登場以来、毎年秋冬に並ぶ定番商品であります。チョコの中に弾力ある餅グミが入っていて、素朴で懐かしい味が人気なのだとか。果たしてカレーはどうなるのか……お、裏面には「チロルチョコ発祥の地・田川市」が紹介されていますね~。

・作り方

さて、さっそく作っていきましょう。箱の中には「カレー」と「きなこ」が入っています。餅は入っていません。

んで、作り方は前回同様、超簡単。いわゆる普通のレトルトカレーなので、湯せんの場合は、そのまま熱湯に入れて3~5分ほど沸騰させて温めればOK。「玉子焼き用のフライパン」がジャストサイズです。また、電子レンジで温める場合は、中身を耐熱容器に移し替えてからラップして加熱しましょう。500Wで2分、600Wで1分30秒って感じです。

※パックには “KINAKO” と印字されています。

・完成

そんなこんなで温め終わったら完成……なのですが! チロルチョコカレーは具が入っていないので注意。私はストイックに「ルウ」のみでいただきますが、もし食卓に並べるならお好みの具材を用意しましょう。なんというか、具が入っていないとチョイ不気味ですね。

さあ、ビミョーに甘い香りが漂っていますが……勇気を出して(何でだよ)、いただきます

お、お、お~当たり前だけど……カレーだ。ただ、この時点でけっこう甘いな。1口味わったところで、別袋の「きな粉」を投入。

なんというか、この「きなこ投入」は、ぶっちゃけ嫌な予感しかしなかったのですが、食べてみると意外とアリ。「ウメーーー!」と叫ぶほどではありませんが、きな粉の香ばしさとコクが加わり、カレーの味に深みが増した……気がします。

──というわけで、個人的には「自分で買って食べたいとは思いませんが、田川市のオモシロ土産として買うならOK」って感じ。ちゃんと作るなら具材を用意しなきゃならないという点で “お手軽感” はナシですが、お土産で渡せば、きっと “話のタネ” になるでしょう。

・販売場所

今回ご紹介した「チロルチョコとけこむカレー」は、福岡県田川市郡の物産館や東京・秋葉原の「Shop チロルチョコ」で販売中とのこと。今後、福岡空港や博多駅などへも展開を図るそうです。機会があればぜひ手に取ってみてください!

関連記事:『チロルチョコとけこむカレー』が爆誕! さっそく2種類とも食べてみた(食べる際の注意点アリ)

お土産カテゴリの最新記事