和食

田川伊田駅舎のうどん店『いたんこ』に行ったら気合が入り過ぎててビビった / 40年以上前に存在した伝説的うどん店「赤垣」の味を再現!

・田川伊田駅が全面開業

とうとう2020年1月20日に田川伊田駅が全面開業し、25日にはオープニング式典も開催されました。予定より9カ月遅れてのスタートとなりましたが、これからは駅を中心に街全体が盛り上がるでしょう……! 

今回は、そんな希望や期待を抱きながら、駅1階エリアにオープンしたうどん店「いたんこ」に行ってきました。

さっそく入店……というタイミングで、入口ドアに貼られた「田川伊田うどん物語」なるメッセージを発見。一応こーゆーのはきちんとチェックして、テンションを上げておきたいタイプです。

何が書かれていたのかざっくり説明すると……田川には40年以上前に「赤垣」という名の伝説的うどん店があったらしい。安くて美味しいと評判のお店で、1番人気は「かけうどん」。で、そのかけうどんには「きつね」が入っていたという。つまり、「かけうどん」という名前なのに「きつねうどん」だったのだとか。そんな赤垣の味をできる限り再現できるよう頑張ります!

──といった感じの内容でした。伝説的うどん店「赤垣」……行ってみたかったぞ。まあとにかく、新店舗はかなり気合が入っているもよう。んで入店したら入店したで、また貼り紙を発見。

こちらには「バリ旨ガッツ牛丼が遂に登場!」と書かれていました。オープン直後なのに “ついに” とは一体……とりあえず、気合が十分なのは伝わります。一応メニューはこんな感じ。好きなうどんにプラス300円で「ガッツ牛丼セット」にできるもよう。

それならば……ということで、「かけうどん & バリ旨ガッツ牛丼」をオーダー。7~8分後、噂の赤垣風かけうどんとガッツ牛丼が完成しました。キツネがのってますねぇ~。

気になる味は、うどんも牛丼も素朴で優しい美味しさ。めっちゃシンプルだけど、駅中の立ち食いうどんはシンプル過ぎるくらいでいい。一点、電車の待ち時間にダッシュでかき込みたいので、提供時間が短くなればさらに良いかも。とは言え、オープン直後なのでOKでしょう。

おそらく毎日駅を利用する学生さんにとっては、この「かけうどん」や「ガッツ牛丼」が “青春の味” になるんだろうなァ~。いつまでも続いてほしいですね。

──というわけで、田川伊田駅を利用する機会があればぜひ「いたんこ」にも行ってみてください。伝説のうどん店「赤垣」の味を覚えている方もぜひ! 

ちなみに、店内には土産コーナーもあります。駅前の駐車場が30分無料なので、気になった方はちょこっとのぞいてみてはいかがでしょうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細

店名:いたんこ
時間:10:00~21:00
休日:水曜日

・イベントのご案内

20203月11日(水)18時から、田川伊田商店街「ココイタ」で “田川ライフに記事を投稿しよう[文章作成講座]” が無料開催されます。ライター志望の方はもちろん、お店や活動のPRに興味がある方も気軽に参加してください。

講座では、記事作成をするうえで知っておきたい「文章作成」「タイトル決め」「写真」等のコツをサクッとお伝えします。田川ライフに記事を載せてPRする前にオススメですよ~!

なお、参加表明は「Facebookページ」もしくは「お問い合わせ」からどうぞ!